本文へスキップ

家の鍵が抜けない・鍵が中に入ったまま折れたなどのキートラブルに出張対応します

フリーダイヤル 
電話マーク 0120-696-695


家の鍵が抜けなくて折れてしまう前に、早めに修理をしましょう


 鍵が抜けなくなる原因と、キーの抜き方について

家の鍵が抜けなくて出掛けられない方に鍵の抜き方をご説明します。
まず、無理にひっぱったりせずにホームセンターなどで鍵穴専用の潤滑剤
購入してきて下さい。
潤滑油などの油が成分に含まれているものは症状が悪化する可能性があるので
使用しないでください。

それを内部に注入して力を加え過ぎないようにキーを上下左右に振りながら
引っ張ってみてください。
力を加え過ぎるとキーが折れますので気を付けて下さい。

滑る場合はペンチなどで鍵の頭の部分を挟んで引っ張ってください。
初期の段階でした抜けると思います。もし抜けないようでしたらご相談下さい。

何故そのような症状になるかと言うと、使用しているキーが純正キーではなく、
スペアキーの精度が悪いが為に、シリンダーに不具合を起こさせる場合が多く
合鍵を使用し始めた時から引っかかる感じがしていたり、スムーズでないものを
我慢して使用していると精密部品が偏摩耗します。

ディスクシリンダー内部パーツ鍵の内部パーツ(ディスクシリンダー)


ピンシリンダー部品鍵の内部パーツ(ピンシリンダー)

玄関の鍵は毎日使用しますので、固い鍵でもすこしずつ変形します。
コンマ数ミリの誤差ですが、敏感にキーの抜き差しやに影響が出ます。
その結果、最終的に鍵が抜けなくなるか、キーが中に入った状態で折れます。

折れた鍵折れた鍵


2つ目のケースは、鍵穴に木の枝やゴミなどの異物が入っている場合です。
これは、小さなお子さんがイタズラで入れてしまう事例が多いです。
嫌がらせで爪楊枝や針金、接着剤を注入されている酷い事例もありました。

ドアが開いている状態でシリンダーを分解出来る構造の物でしたら、異物を
取り除く事がほぼ可能です。
ただし分解不可能なディンプルキータイプなど特殊な構造のシリンダーは
鍵交換をするしかありません。

また、鍵が掛かっていて家の中に入れない状態の場合、まずドアを開錠しない
と作業が出来ないので、外側から工具で異物を除去するか、ピッキングもしくは
ドリル破錠による開錠を行ってから修理、交換作業になります。

最近鍵が抜きにくいなと感じたら、早めにお問い合わせ下さい。




お問い合わせはフリーダイヤル
0120-696-695 までどうぞ



弁慶ロックサービス

営業時間
AM8:00~PM24:00

TEL 0120-696-695

代表 042-388-2342

カードでのお支払いOKです
amexuc visa
jcbmastercard